木草花」カテゴリーアーカイブ

勝手に冬越ししてくれる我が家のオジギソウ

オジギソウの花が咲きました。

オジギソウの花

触ると葉が閉じるオジギソウは、ハエトリソウと並んで、子供に大人気の植物。のはず。

少なくとも私は、植物が目に見えるスピードで自発的に動くということに驚き、この二つの植物を初めて見たときの衝撃はすごいものでした。

オジギソウは多年草ですが、日本の環境では冬の寒さに耐えられないので一年草として扱われています。

沖縄では自生していると聞きますが、その他の地域では、毎年種をまいたり、苗を買って育てるのが一般的ではないでしょうか。

しかし、我が家のオジギソウは、冬に地上部が枯れても、勝手に冬越しし、夏になると勝手に出てきてくれます。

室内で鉢植えではなく、屋外で地植えです。

静岡なので比較的暖かい地域とはいえ、冬の最低気温は5℃以下です。

沖縄以外の地域でも、死んだと思って処分せずに大切に放置していると、夏に葉が出てくることがあるかもしれません。

勝手に冬越ししてくれる我が家の熱帯スイレン

熱帯スイレンの花が咲きました。

熱帯スイレンの花

花は朝開いて夕方閉じます。

花の開閉を見ているだけでもおもしろいです。

2015年に購入したものですが、毎年花をつけてくれています。

熱帯スイレンは耐寒性がないため冬越しが難しいらしいのですが、

我が家の熱帯スイレンは、屋外で水につけたまま放置でも冬を越えてくれます。

静岡なので比較的暖かい地域とはいえ、冬の最低気温は5℃以下です。

冬には地上部が枯れて、死んでしまったのではないかと思うのですが、

死んだと思って処分せずに大切に放置していると、初夏に必ず葉が出てきます。

ハワイのフォスター植物園のクイポツリー

ハワイのホノルルにあるフォスター植物園に行ってきました。

園内には世界中の熱帯地域から集められた珍しい植物が植えられています。

一番印象的だったのはクイポツリー(Quipo)です。

クイポツリー

上の写真ですとそんなに大きく感じないかもしれませんが、あまりの大きさに、歩いていて隣に幹があっても木だとわからず、人口の構造物かと思ったほどです。

クイポツリーとヤシの木

クイポツリーの隣のヤシの木もそれなりの太さですが、一緒に写るとこんなにひょろひょろに見えます。

クイポツリーは材質が柔らかで、原産地のパナマではカヌーやいかだを作るのに使われているそうです。

パンフレットによると、このクイポツリーは1930年に植えられたそうで、こんなに巨木ですが、ここに植えられてからまだ89年しか経っていません。

植えられた時の大きさはわかりませんが、とにかく、成長のスピードがものすごく早い木のようです。

ハワイのフォスター植物園のバタフライガーデン

鳥居のとなりにヤシの木!ハワイ出雲大社

源平枝垂れ桃の実がなる!鬼門除けの桃の木

源平枝垂れ桃の実がなりました!

源平枝垂れ桃の実

でも一個だけです。

源平枝垂れ桃の実

っていうか、花桃って実がなるんですか!?

この源平枝垂れ桃は、花を楽しむための桃で、4月に、赤、白、ピンク、赤と白のまだらなど、数種類の色の花が咲きます。

源平枝垂れ桃の花

実はこの源平枝垂れ桃、図らずも鬼門である北東に植えてあります。

昔から、桃の木は魔除けになると言われ、よく鬼門除けに植えられています。

古事記では、イザナギが黄泉の国から逃げ帰るときに、黄泉比良坂で桃を投げて、追ってきた悪鬼を桃の霊力によって撃退したとされています。

また、桃太郎は、猿、雉、犬を使って鬼を退治しますが、なぜこんな脆弱なお供かというと、十二支の方位図で、鬼門である丑寅(北東)の正反対にあるのが申・酉・戌(南西)だからということです。桃+申酉戌で鬼門を封じているわけです。ちなみに、鬼が二本の角に虎のパンツというのは丑寅=牛虎からきているということです。

何気なくその場所に植えた源平枝垂れ桃ですが、鬼門の方角に植えられたため、邪気を祓わなくてはという責任感から、花桃なのに実をつけてくれたのでしょう!

<参考文献>

深読み古事記~日本の神話と古代史が100倍おもしろくなる! ~

オリオン座のベテルギウス(平家星)が超新星爆発!?平家はいつ滅びるのか

チョコレートコスモスのプランツネームプレートを長くする

チョコレートコスモスが大きくなり、

プランツネームプレートが埋もれてしまったので、

チョコレートコスモス

20センチ長いものに換えました。

チョコレートコスモス

チョコレートコスモスの足元にあるのは、生チョコのモニュメントです。

生チョコのモニュメント

チョコレート色をしているからチョコレートコスモスなのではなく、花から本当にチョコレートの香りがします。

チョコレートコスモスの花

四つ葉のクローバーをさがせ!

四つ葉のクローバーを見つけました。

クローバーの葉はふつう三つ葉で、四つ葉は変異体に相当します。

発生はまれなので、それを見つけた人には幸運が訪れるという伝説があり、四つ葉はそれぞれ、希望、誠実、愛情、幸運を象徴しているとも言われています。

私が見つけた四つ葉のクローバーはどれでしょう?

クローバーの写真

答えは次の投稿で。